事例紹介

TSH邸

こちらのお宅は湘南LO-COの縦型30坪タイプ、土地のご相談から対応させていただきました。「LO-CO」シリーズでは、建物の4つの基本形状が決まっているので、希望のプランが敷地にうまく配置できるのか、図面を見ただけではなかなかわかりません。今回はいくつか候補地がありましたが、面積的には他よりも小さいのですが、無駄なく配置でき、お庭も駐車場もうまく確保できる敷地をお勧めしました。
その土地で無事契約となり、計画がスタートしました。
プランの主なご希望は、LDKに一体感があり、なるべく広がりを感じられること。ご主人の書斎と奥様の趣味のスペースを確保したい、収納もしっかり確保したい、ということでした。結果的に洗面・浴室は2階に設け、洗面の隣にはウォークインクローゼットを配置、ご主人と奥様のプライベートスペースは、1階に3帖を共有することで面積を抑え、一番大切にしたいLDKの広さと一体感を重視した間取りとなりました。LDKは、階段を絡めた小さな吹抜けともつながり、2階からの光により縦方向の広がりも感じられることでしょう。
また、断熱性能にもこだわりヒート20のG1グレードをクリア、暖房は床下エアコンを採用し、空間をつながりを重視するという考え方に適した温熱計画となっています。

地鎮祭

DSCN4139.jpg

地鎮祭とは、土木工事や建築工事を行う際に、工事の無事や安全、建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。お施主様、設計者、施工者が参列します。

地縄張り

59444544_2079947972131120_8514268289130561536_n.jpg

地縄張りは、住宅の建築工事の初めに行います。敷地内における建物の配置を示していく作業で、お施主様が建物の位置などのイメージを確認することが目的の1つとして挙げられます。