事例紹介

JSY邸

敷地は、整然と区画された住宅地の中にある約60坪の整形地です。前面道路がやや狭く、周囲も家に囲まれていますが、南道路の恵まれた条件なので、日当りは申し分ありません。
夫婦お2人で暮らす家ですが、客間となる和室、書斎となる和室を設け、小さな吹抜けもあるので、広さを感じる空間です。玄関は全面洗い出し仕上げの土間床で、板張りの天井が収納室まで連続します。そして2本の障子を戸袋に引き込めば、玄関もリビングの一部に取り込まれます。
奥様が料理関係の仕事をしているため、キッチン回りもこだわりました。オープンなステンレスのフラットキッチンに、背面収納はカウンター下だけで、上は飾り棚のみのシンプルな造りです。ハーフユニットを使った桧板張りの浴室からは坪庭が眺められ、海から戻った時は、洗面脱衣室の勝手口から出入りします。
庭に面する1階南側にぐるっと縁側を回している点も大きな特徴で、開口部には障子が入ります。屋根の構成や外壁の色、玄関の木製格子戸など、和を濃厚に感じさせる落ち着いた佇まいの住宅です。

土台敷き

IMG_1952.jpg

基礎の上に土台を敷きました。土台は構造材の中で最も地盤に近く、シロアリの被害にも遭いやすいので、耐久性の高いヒノキを使い、基礎パッキンも使用します。
当社は神奈川県の木材を使うことで、地域環境に貢献しています。地産地消によるメリットは、県産材の需要が増加すれば、県の林業が活性化し、地域経済の発展にも寄与します。また、木材輸送のエネルギーを大幅に削減することができます。

基礎完成

56448969_2042953415830576_1996745959656128512_n.jpg

建物を支える大事な基礎の工事が完了しました。地中梁で強度を保つことで、基礎内部の立上り部分(コラムベース)を独立型形状にすることが可能となり、通気性とメンテナンス性が格段にアップします。

IMG_1596.jpg

神奈川エコハウスは主に基礎断熱を採用しています。基礎断熱とは、基礎の底辺と内側に沿って断熱材を貼ることで、外気が床下に入ってこないため、床下と室内の温度を同じに保つことができます。メリットとしては、家全体の気密性が確保しやすいことと、床断熱に比べ施工が比較的簡単な点が挙げられます。

コンクリート打設

IMG_1420.jpg

コンクリート打設を行います。搬入されたコンクリートの品質をチェックする方法の一つがスランプ試験です。スランプ試験とは、スランプコーンに生コンクリートを入れ、垂直上にスランプコーンを抜き取り、コンクリート頂部の高さが何センチ下がったのかを測定することです。この数値が高いほどコンクリートの流動性が高いため、施工性が良くなる反面、強度はやや落ちます。

IMG_1427.jpg
その後、コンクリート打設を行います。生コンクリートを型枠の中に流し込みますが、流し込みの際、バイブレーターで生コンを撹拌します。バイブレータで振動を与えることで、隅々までしっかりとコンクリートが充填されます。

配筋検査

IMG_1314.jpg

IMG_1382.jpg

鉄筋の組み立てが終わりました。コンクリートを打設する前に、鉄筋が図面、仕様書通りに出来ているかをチェックする配筋検査を行います。
検査内容には、鉄筋の種別、鉄筋の間隔、鉄筋径、かぶり厚さ等のチェックがあります。この検査は、基礎の耐久性に影響する非常に重要なものなので、入念に行わなければなりません。

捨てコンクリート

065.jpg

基礎をつくる位置に印をつけて型枠を正確に設置するために、捨てコンクリートを打ちます。捨てコンクリート打設によって基礎底面を平らに均し、鉄筋の高さを揃えることができます。

遣り方

IMG_1154.jpg

IMG_1225.jpg

遣り方とは、正確に建物の位置を決めるための作業です。
この板は「水貫」と呼ばれますが、レベルなどを使用して、GL(基準となる高さ)から一定の高さに水平に設置していきます。


地縄張り

53726530_2002192389906679_2925481570254979072_n.jpg

地縄とは、建物が敷地に対してどの位置に建てられるのか、配置を確認する縄のことであり、作業のことも指します。建物の柱芯に縄を張り、目視できるようにします。

地鎮祭

IMG_0683.jpg


地鎮祭は、土地の神に対して建築工事の報告とその許しを得るための儀式で、工事の安全は基より、ご家族やご新居への末永いご加護を頂けるよう、お祈りする神事です。