事例紹介

IKS邸

建て主のお住まいは東京都内で、週末は葉山の別荘で過ごす生活を続けていました。しかし、二重生活の大変さと通勤の大変さを天秤にかけ、そして老後の生活にも想いを馳せ、葉山に新居を建てることになりました。ご夫婦と愛犬が暮らす終の棲家です。
敷地は風致地区で壁面後退があり、北側接道で北側に視線が抜けます。隣地の旗竿部分になっている西側も、樹木が並んでいて良い感じです。都会的なセンスを持つ建て主の要望と自然素材の家づくり、そのバランスを取ることが求められました。
主な要望は、ガレージまたは屋根付きカーポートをつくること。将来は1階で生活が完結すること。ワンちゃんも2階に上がるので、階段を緩くすること、ロフトを造ること等です。外壁には濃色のガルバリウム鋼板を使い、南北面の吹付け仕上げやウッドバルコニーがアクセントになります。柱の見え方を控えめにした外周大壁に、床と天井の板を合わせた室内は、モダンで温もりのある空間です。

屋根

IMG_5086.jpg

屋根材はガルバリウム鋼板です。アルミ+亜鉛の合金メッキをすることで、通常の鋼板に比べて耐久性の高い鋼板です。

養生

IMG_4859.jpg


内部の大工工事も進んでいます。化粧の柱や枠材は、傷が付かないように青い養生材で保護します。

断熱材

IMG_4680.jpg

断熱材にはネオマフォームを使用しています。ネオマフォームの素材は、熱に強く熱で硬化するフェノール樹脂のため、高い難燃性を備えています。

金物検査

IMG_4416.jpg

IMG_4424.jpg

上棟中は、仮の筋違で建物の揺れを防ぎますが、上棟が終わると、すべての柱(柱頭、柱脚)、梁(仕口、継手)に指定された強度の金物を取り付けます。
現場監督は、筋違の方向が正しいか、金物が図面通りに取付けられているか、ビスの打ち忘れが無いか、等を入念に確認します。

上棟

IMG_4113.jpg

IMG_4118.jpg

IMG_4138.jpg

建築物を建てるにあたり、柱や梁などを組み立ててから、屋根の一番上にある棟木を取り付けるところまでを「上棟」と言います。
当社では各現場の棟梁が集結し、複雑な木組みを一日で組み上げ、上棟します。上棟のことを「棟上げ」「建て前(たてまえ)」「建て方(たてかた)」と呼ぶこともあります。

IMG_4145.jpg

IMG_4154.jpg


断熱材→垂木→耐水合板という順番で敷いています。また、垂木が断熱材と耐水合板の間の空気層になって、熱を逃がし水を切ります。


IMG_4167.jpg

最後に上棟式があり、お施主様から大工さんへ感謝の気持ちが伝えられました。
梅雨空が続く中、この日は奇跡的に天候にも恵まれ、無事に作業を終えることができました。


土台敷き

IMG_3983.jpg

土台敷きとは、基礎コンクリートの上に土台、大引(おおびき)といった部材を組んでいく作業です。
この現場は「手刻み」なので、土台も大工自らが墨付け・刻みを行いました。他の大工にも手伝ってもらって、梅雨空の間隙を縫っての土台敷きです。

給排水配管

IMG_3970.jpg

基礎コンクリートの打設が全て終わると、地中や床下に隠れる給排水設備の配管工事を行います。

コンクリート打設

IMG_3590.jpg

IMG_3587.jpg

コンクリートの流し込み作業は、打ち重ね時間に配慮しなければなりません。間隔を空けすぎるとコールドジョイントを起こすためです。最後に、流し込んだコンクリートをトンボでならしていくことをタンピングと言います。この作業を十分に行うことにより、コンクリートのひび割れを防止することが出来ます。

配筋検査

IMG_3532.jpg

IMG_3560.jpg

コンクリート打設をする前に、図面、仕様書通りに配筋されているかを監督者が検査します。検査の内容としては、鉄筋の種別、鉄筋の間隔などです。基礎の耐久性に影響する非常に重要な検査なので、入念に行わなければなりません。

手刻み

IMG_3507.jpg

「大工による手刻み」のメリットは、木の性質や個性を見ながら加工することができ、継手の種類もプレカットより多く、自由度が高いところです。数百年受け継がれる技術をもって、木の良さを存分に引き出した建物を造ります。

遣り方

IMG_3375.jpg

基礎工事が始まりました。最初に行うのは遣り方(やりかた)で、建物の位置を正確に決めるための作業です。また、手前の掘削部分は「根切り」といい、地盤下に基礎をつくるにあたって土を掘る作業のことをいいます。

丹沢の桧

IMG_2546.jpg

IMG_2551.jpg

神奈川エコハウスは、構造材に神奈川県産の木材を使っています。
地産地消によるメリットとして、県産材の需要が増加すれば林業が活性化し、地域経済が多少なりとも潤うことが挙げられます。そして、木材を輸送するためのエネルギーを大幅に削減することができます。また、伐期を迎えた木を切ることで山の荒廃を防ぎ、洪水などの自然災害が起こりにくくなる等、環境面での貢献も小さくありません。

地鎮祭

IMG_2498.jpg

地鎮祭とは、土木工事や建築工事を行う際に、工事の無事や安全、建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。お施主様、設計者、施工者が参列します。

地縄張り

IMG_2463.jpg

建築工事の初めに行う地縄張りは、敷地内における建物の配置を示していく作業です。お施主様が建物位置を確認することも目的の一つです。