ブログ

2019.06.26 / 建築と住まいの話

飛騨へ修学旅行 下篇

高山を流れる宮川の下流(北西)に古川(飛騨市)という町があります。高山城主・金森長近の子(養子)である金森可重(よししげ)が古川の地を治め、高山と同時期に町の整備を行いました。天領になった後も町人文化が栄えて発展したことも含め、古川は高山の双子の弟のような町と言えます。その「飛騨古川」のハイライトは、壱之町の裏を流れる瀬戸川べりの景色です。

hidafrkw01.jpg
hidafrkw07.jpg
町屋の出桁を支える腕木の鼻先が白く塗られ、その下に刻まれた雲(くも)と呼ぶ彫り物も古川の特徴です。古川は大工の占める人口比率が高く、大工の町でもあります。この「飛騨の匠」発祥の地に、建築家の吉田桂二さんが設計した「飛騨の匠文化館」という施設があります。

hidafrkw03.jpg
hidafrkw04.jpg
私がまだ師匠の存在も知らなかった1989(平成元)年に完成した建物ですが、「吉田五十八賞」を受賞した名建築でもあるので、学生時代に一度見に来たことがあります。自分が設計に携わった訳ではありませんが、ここに神奈川エコハウスの大工さんと来られたことは、感慨深いです。展示室には継手・仕口の模型や、大工道具などが展示されていて、皆かなり熱心に見学していました。

hidafrkw05.jpg
hidafrkw06.jpg
建物は築30年になるのですが、全く古びた感じがしません。古い町並みに溶け込み、現在進行形の町の中でしっかりと存在感を放っています。モダンな建築よりもデザイン寿命が長いのは明らかだと思いました。

高山から国道158号を東へ戻り、途中の奈川渡ダムで南に折れると、旧中山道(国道19号)に出ます。そこから北上して木曽路(中山道の中でも険しいとされた木曽十一宿)最大の難所であった鳥居峠を越える(国道はトンネルで通過する)と、伝建地区の奈良井(ならい)があります。

kisonara1.jpg

上町の町並み

奈良井宿は全長約1kmもあり、中山道随一の長大な宿場ですが、檜物細工や櫛塗物・漆器関係の職業が多く、旅籠の数は意外なほど少なかったようです。しかし京に上る旅人は、前述の鳥居峠越えを前に奈良井で支度を整えることが多く、茶屋などが多くあって大いに賑わったとのこと。
建物は切妻平入りの2階建てで、2階がせり出した出桁造り。現在は鉄板葺きですが、昔は石置き板葺き屋根でした。2階の屋根が大きくせり出し、軒先の板で雨樋を隠しています。

kisonara2.jpg

中町の町並み

kisonara3.jpg
下町の町並み

奈良井は、京都側から上町・中町・下町と三地区に分かれています。家の造りは基本的に同じですが、道幅が異なるため、町並みの印象は少し変わります。

私は奈良井に来るのが3度目になるので、奈良井には寄らず、隣の木曽平沢で車を下りて単独行動をさせてもらいました。
奈良井宿と贄川宿の中間にあって、奈良井宿の枝郷だった平沢は、木曽福島や奈良井とともに古くから漆器の産地でした。昭和初期には僅か十数軒に減っていたそうですが、現在では100軒近い漆器店があり、2006(平成18)年、漆工町として伝建地区に選定されました。

kisohira1.jpg
kisohira2.jpg
通り(旧中山道)の両側には、実際に漆器店が数多く並んでいます。月曜日の夕方ということを差し引いても、観光客の姿は無く、地に足のついた手工業の町といった感じでした。観光地化されていないので、家の前に停めてある車が多く、写真を撮るのにちょっと・・・(笑)

kisohira3.jpg
kisohira4.jpg
実は20年ぐらい前、建築家の先輩とこの平沢に来たことがあります。ちょうど長野五輪の前後でしたが、その五輪メダルを製作した人が平沢にいるということでした。長野五輪のメダルは金属に漆を塗布して蒔絵を施し、勲章の技術に使われている七宝を組み合わせた工芸品です。開発したのは平沢の漆職人である伊藤猛さん。詳しくはこちらをご覧ください。

kisohira5.jpg
「多分ここだったな」と、20年前の記憶を頼りに足を止めたのが「まる又漆器店」。事前に調べておかなかったのですが、後で確認したら合っていました。

その「まる又漆器店」の前でちょうどお迎えの連絡が来ました。奈良井宿は非常に長いので、迎えに来るまで1時間以上かかるはずでしたが、疲れて途中で引き返したらしく、私の平沢滞在は僅か45分ほど(笑)
しかし今回は町並みをしっかり見ることができ、訪ねた伝建地区の数はこれで68箇所になりました。未踏地区がまだ50箇所もあり、伝建地区は年々増えていくのでいたちごっこですが・・・
大人の修学旅行はこれにて終了。さて、来年はどこに行くのでしょうか。

岸 未希亜

.
.
.

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-
創業から46年の実績。自然素材を使った健康住宅で地域に根ざす工務店
藤沢 鎌倉 茅ヶ崎 湘南 神奈川
新築もリノベーションも、注文住宅の木の家は神奈川エコハウスにご相談ください
木造住宅/和風住宅/和モダン/自然派健康住宅/エアサイクル住宅

Category
お知らせ
建築と住まいの話
よもやま話
ロコハウス
書籍・メディア掲載
Archeives