事例紹介

中庭のある現代町家

敷地は東側の道路に対する間口約8.3m、奥行き約21mと東西に細長く、1階での日当りがあまり期待できない状況でした。このような場合、日当りの得やすい2階をリビングにすることも考えられますが、将来的な不安があることや、南が少し斜めに振れていることもあり、建て主は1階リビングを望まれました。そこで導き出したのが、中庭を囲む「コの字」型のプランです。これは京都など伝統的な町屋の形状に通じるもので、採光はもちろん風通しのよさが大きな特長です。四角い家に比べると広い空間はつくれませんが、仲の良いご家族にとっては空間が多少分かれていてもコミュニケーションに問題はありません。逆に、中庭を含めた内外空間の連続性に「庭屋一如」という日本的な空間の構成を感じることができます。

竣工時期
2011年3月
用途
住宅
構造規模
114.26㎡〔34.5坪〕   1階  61.27㎡〔18.5坪〕  2階 52.99㎡〔16.0坪〕
所在地
町田市