事例紹介

景色が主役の家

敷地は100坪もの広さがありますが、家は小さめに抑えて庭を大きく残しています。それは建て主が造園家だからです。仕事のためのスペースを確保することはもちろん、室内から見える我が家の庭を自ら造り込むことがご主人達ての希望なのです。それと同時に、山の木々を借景することがこの家の最大のテーマでした。
リビングを中心に集まるご家族のライフスタイルと、出入りの職人さんをはじめとして人を招くことの多い事情から、リビング・ダイニングは一体感のある広々とした空間にしました。谷に面する西側は大きく視界が開けるため、LDを南北に並べて西側に配し、大きな開口部から景色を眺めます。また、土間収納へと連続する洗い出しの玄関土間は、建て主の手による美しい仕上がりで、訪れる人を迎えています。

竣工時期
2012年3月
用途
住宅
構造規模
109.30㎡〔33.0坪〕  1階 57.13㎡〔17.25坪〕  2階 52.17㎡〔15.75坪〕
所在地
鎌倉市