事例紹介

絶景と暮らす終の棲家

趣味を楽しみながらの暮らし、お友達を招く場としての住まいを計画していた建て主は、土地探しに2年をかけて箱根の敷地にめぐり会ったそうです。敷地は別荘地の奥まった場所にあり、樹齢60年の桧が林立する手つかずの状態でしたが、この地場の木を使って家を建てることも建て主の希望の一つだったため、伐採・製材をして土台や柱にしました。
敷地は東下がりの傾斜地で、遠くに相模湾を望むことができるため、リビングと浴室からの眺望を最優先し、道路レベルである2階にLDK、寝室、水廻りを配しました。眺望と日当りを同時に叶えるため、建物を「く」の字に折り曲げたことで、大きな開放感が得られています。奥様は陶芸、ご主人はステンドグラスを嗜み、別荘代わりに来客も多いため、 1階には客間とアトリエを設けました。ご主人の強い希望で蔵戸、障子、欄間などの古建具を使い、古民家的な雰囲気をつくっています。

竣工時期
2010年11月
用途
住宅
構造規模
155.89㎡〔47.0坪〕  1階 75.14㎡〔22.7坪〕  2階 80.75㎡〔24.3坪〕 
所在地
箱根町