事例紹介

森に向かってひらく家

敷地は60坪の宅地と、隣り合う130坪の土地からなり、その東側と北側には森が広がっています。建て主は若いご夫婦と生まれて間もない0歳の赤ちゃんですが、3人の子供を育てていきたいという希望があり、将来3室に分割できるキッズスペースを2階に用意しました。 南よりも東が開けていて眺めも良いので、1階では東側にリビングとダイニングを並べ、大きな開口部から庭と林を望みます。南側にある和室もLDKと連続した空間で、キッチンからは家族がどこにいても様子が分かり安心です。
御殿場の気候を考えた設計も特長です。夏の湿度が高いため、エアサイクル工法の採用は必須でしたが、加えて洗面室の隣に室内物干場を設けました。冬は非常に寒くなるため、北国の建物でよく見られる放射暖房システムを各室に設置し、快適な住環境をつくっています。

竣工時期
2011年9月
用途
住宅
構造規模
120.89㎡〔36.5坪〕   1階 72.87㎡〔22.0坪〕  2階 48.02㎡〔14.5坪〕 
所在地
御殿場市