loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 「アースハウス」「湘南LO-CO」の違い

2017年08月24日

「アースハウス」「湘南LO-CO」の違い

当社には、完全注文住宅の「アースハウス」と企画型注文住宅の「湘南LO-CO」、2つのシリーズがあります。
完全注文住宅「アースハウス」は自由設計なのですぐに理解できると思いますが、見学会の案内等で「湘南LO-CO」とあるけど、何が違うのというご質問を受けていますので、大きな違いをご説明したいと思います。

本物の木や自然素材の良さを活かし、健康に暮らせ、年月を重ねるごとに味わいを増していく手造りの住まいという基本的な考え方は全く変わりません。
EvsL2.jpg

「アースハウス」がスタンダードシリーズです。
「アースハウス」は、どのような敷地条件やご要望でも対応可能で、1棟ごと個別に対応していきます。当社の設計力を初め、住まいづくりの良さをフルに発揮できるのは、スタンダードシリーズ「アースハウス」です。
このホームページの事例紹介でご紹介している事例はすべて「アースハウス」です。

「湘南LO-CO」は2000万円前後で造る限定版の注文住宅です。
一方「湘南LO-CO」は、決まったルールの中で設計を行う、限定版の注文住宅です。設計ルールや施工の方法などを工夫し、当社の良さを失わずに、なるべく省力化、コストダウンできるよう企画されています。
「湘南LO-CO」は内観や外観のイメージを、シリーズとして統一感を持たせていますので自由ではありません。間取りのルールや内外観の空間イメージがご要望と合う方には、リーズナブルなシリーズとなっています。

土地を購入されて建物も建てるとなると、ローンの関係等で建物は2000万円前後で検討したいという方が多く、当社の家づくりはとても気に入っているのでそれくらいの予算でできませんかというご要望に対して、2013年から本格的にスタートしたシリーズです。すでに17棟の実績があります。
(湘南LO-COでも、一番大きなタイプで、防火地域や造作家具などのオプションが多くなると条件・要望により2300万円くらになることもあります。)

選択のポイントとなる3つの特徴を挙げておきます。
①平面形状が4タイプ。
まず、敷地にLO-CO4タイプのいずれかが入るか。
loco-base.jpg
長方形の平面形状、1,2階が同じ大きさの総2階、延床面積27坪、28坪、30坪、31.5坪の4パターンがあります。
敷地形状により、横長配置と縦長配置が可能ですが、平面的な大きさだけでなく、法的な高さ制限も含めて検討します。
また、延床面積31.5坪の大きさで足りるか。4~5人の1世帯であれば十分足りる大きさですが、もっとゆとりがほしい、2世帯で考えているという方には対応できません。

②内部構造を自由にするという考え方
湘南LO-COは「自由な内部空間」という大きな特徴があります。構造的な要素として、内部に柱が1本または2本あるだけで、構造壁は不要です。ですから、内部の壁は自由に取り外しや追加が可能です。子供の成長に合わせて間仕切りを追加したり、子供が大きくなったら間取りを大きく変えたいなど、長いスパンでの変化に対応しやすくなっています。
DIYで自分で後から造りたい、家具やインテリアでアレンジしたいという方に、とても適しています。
EvsL1.jpg

一方で、外周部(外壁やサッシが付く外部との境界ライン)に構造的な制限があり、四隅には必ず構造壁を配置する、全体的に定められた耐力壁の量を外周だけで確保するなどのルールがあります。
コーナーに大きく解放的な窓がほしいなど、構造ルールに外れる要望にはお答えできません。

③スギムク板の現し天井
次に、湘南LO-COの特徴は、天井が構造材の梁とスギムク板の現しということです。
一般的な石膏ボード下地にクロスを貼るという仕上げが省略され、デザイン上の特徴となり、また、コストダウンにつながっています。
無垢の木でできた構造部材をそのまま隠さず見せるということは、合理的で自然な考え方だと思いますが、節もありちょっとラフな印象を持つ方もいるので、この雰囲気が好きかどうかも大きなポイントです。
(天井をオプションで張ることもできますが、費用の追加と天井高さが低くなるなどの調整が必要になります。)
EvsL3.jpg

「湘南LO-CO」をもう少し詳しく知りたいという方は、「湘南LO-CO」専用のホームページもご覧ください。
http://www.lo-co-house.jp/

また、見学会やコンセプトハウスで直接スタッフに相談していただくのが、一番良いと思います。
ご相談いただければ、内容の説明と共に、「面積を少し小さくしてもアースハウスがいいですよ。」「湘南LO-COで、まずはオープンな間取りがいいのではないですか」など、ご予算やライフスタイルに合わせてお勧めをご提案できるのではないかと思います。
面積など物理的に「湘南LO-CO」で建てられるかという前提もありますが、住まいに対する価値観も少し違いがあるようで、私たちが話を聞いていくと、この家族は絶対に「アースハウス」向き、この家族は「湘南LO-CO」向きなど、方向性が見えてきます。そこのアドバイスは大切だと思っています。まずは、迷わずにご相談ください。

DIY派の方も歓迎です。
diy3.jpg


Go to top