loading

  1. home
  2. ブログ
  3. お住まい拝見

2017年09月13日

お住まい拝見

先週末に開催された「住まいの教室 第6回」は「オーナー住居訪問ツアー」でしたが、9組もの参加者に集まっていただき、たいへん盛況でした。完成見学会とは異なり、実際の暮らしのイメージが沸くと同時に、建て主のお話を聞けるということで、参加者の皆様にもたいへん喜んでいただけました。

最初に見学した「大磯の家」は、昨年の12月に完成見学会を行った住宅です。まだ竣工から1年経過していませんが、ブログ「福井からの賓客」にも書いた通り、6月にはホームページ用の撮影と、福井からのお客様をご案内させていただきました。今回で早くも3度目の頼みごとです(笑)

建て主のH様は、ご自身も計画前に「住んでいるお宅を見たい」とリクエストされ、今回と同じ「お住まい拝見」にも参加されました。アースデザインオフィスで設計した多治見市の家まで含めて5軒の家をご覧になった稀有な方ですが、「居心地のよい家」を実感として理解できたこと、オーナーの方々が当社の家づくりに満足していたことが後押しになったそうです。
そういう経緯もあって、今度は自分たちが、これから家を建てる人の助けになりたい、と快く引き受けてくださいました。

haiken17a1.jpg

朝の9時半過ぎに現地に到着し、H様にご挨拶をして家の中へ。住宅地に小型バスが停車しているので、近所の方は驚かれたことと思います。
ペレットストーブ、スタディコーナー、キッチンの食器棚、タイルを貼ったトイレの床など、目に入るものが色々あって、あちこちでお施主様や当社スタッフに見学者からの質問が寄せられました。脚立に乗って天袋の引戸を開けたり、和室の下に隠れている引出し収納を出したりしながら、H様の説明にも熱がこもります。
また、角地で目の前に南北の道路がある立地のため、風の流れを遮るものがなく、1階以上に2階が涼しくて皆さんも驚かれていました。

haiken17a2.jpg

後半はリビングに集まって、お茶を飲みながらの質問タイムでしたが、H様の話の一部を紹介します。

・以前に住んでいた賃貸住宅では、北側と南側の部屋で温湿度の差が大きかったが、この家はペレットストーブが届かない2階北側でも寒くない。冬は風呂上りに分厚い靴下を履いていたが、今は裸足で大丈夫。

皆さんが一番気になるのは「なぜ神奈川エコハウスを選んだのか」ですよね。

・自然素材を使って、湘南地域での家づくりに長けた実績のある工務店、という私(ご主人)の希望と、「この感じが好き」と直感で気に入った工務店、という妻の希望がシンクロしたのが神奈川エコハウスだった。

・他社でもプランを作ってもらったが、岸さんに描いてもらったプランを持って敷地に立った時、間取りや室内からの景色など、敷地の特性が本当にうまく生かされていると感じた。

・これは選んだ後の話ですが、現場を見る機会が度々あり、各職人さんが他の職人さんや現場監督の仕事を尊重していて、自分も手を抜けないと言っていたこと。良い家ができると嬉しい気持ちになった。

出来すぎた話に聞こえますが、台本も事前の打合せもありませんよ(笑)

次に見学した「平塚の家」は、所有地の一部を切り取った限られた敷地のため、総2階のシンプルな形の建物ですが、コンセプトハウスの雰囲気を取り入れた南の大きな開口部、吹抜け、ウッドデッキが印象的な住宅です。
建て主のD様も、車で5分ほどの距離にある「ステップフロアダイニングの家」を見学され、そこで話が盛り上がりました。その家にあるダイニングの造り付けベンチを気に入られ、この家に再現しています。

haiken17a3.jpg

こちらも、前半は思い思いに気になる場所を見ては、あちこちで具体的な内容の質疑応答があり、後半はリビングに集まって、お茶を飲みながらの質問タイムでした。D様の話の一部を紹介します。

・神奈川エコハウスのコンセプトハウスに行った時、6月にもかかわらず、室内が快適なことに惹かれた。無垢材等の自然素材をアピールしている会社は山小屋風の家が多い中で、モダンな印象があった。

・契約前の段階で、営業・設計の方が強引にお勧めしてくるところがなく、とても信頼できた。それだけ、この会社は自信があるのだなと確信できた。

・夏は涼しくカラッとしていて、ジメッとした感じがしない。特に梅雨の時期のイライラが軽減される気がする。冬は、あれ?今日は寒くないのかな?というくらい暖かい(床暖房あり)。

また、D様の奥様から以前に伺った言葉を紹介します。
「見た目の派手さはないけれど、ジワジワ実感する良さがある。シンプルなものは長く飽きることがなく、時代を超える。究極のおしゃれだと思う」

神奈川エコハウスがつくる家を、とても上手く表している言葉だと思って気に入っています(笑)

岸 未希亜

Go to top